結婚指輪と共にまごころを君に捧げる【指輪に宿る相手への愛】

宝石

愛の印ともなる指輪

人と違う結婚指輪を購入したい方もこちらのサイトを利用すればすぐにお店を見つることができるのでおすすめですよ。

結婚指輪には古い歴史がある

リング

結婚して結婚式をしなくても、記念に結婚指輪を買うという夫婦は多くいます。 結婚指輪は浮気の防止策とも言われますが、結婚指輪には古い歴史があります。 結婚して指輪を贈るという習慣は、古代ローマ時代にまで遡ります。今から約2000年も前から結婚指輪は存在していました。 そもそも指輪の丸い形は「永遠」を表しており、婚約指輪では永遠の愛を、結婚指輪では永遠の絆の象徴として贈られてきたのです。 また、左手の薬指の血管は心臓と繋がっていると信じられ、心臓に一番近い指に指輪をすることによってお互いの心と心を繋ぐともされています。古い昔から色々な意味が込められてきた結婚指輪は、今でも結婚の証として大切にされています。

結婚指輪は今後はどうなる

結婚式で二人の愛の誓いのために交わすのが結婚指輪です。日本ではこれまでは新郎新婦ともに同じ素材・デザインのものを付けることがほとんどでしたが、最近では新郎新婦がそれぞれ好きな別の素材・デザインのものを付けるケースも増えています。 今はまだプラチナが主流ですが、欧米で主流のゴールドを結婚指輪に選ぶカップルも増えています。結婚指輪と言えばプラチナという固定観念が崩れ去りつつあるので、もしかすると結婚指輪自体がなくなるかもしれません。 しかしそうなると結婚式での指輪交換という儀式がなくなってしまいますし、ジュエリー業界にも大打撃です。そういったこともあって結婚式の指輪交換という儀式はこのまま続くでしょう。

三ヶ月の愛を込めた

アクセサリー

自分の給料三ヶ月分の指輪といえば、結婚指輪になります。三ヶ月分というのはあくまでも例えでありますが、結婚指輪選びは資産的な価値や普段の使用用途も考えて選び送るべき指輪です。

詳しくはコチラ

西洋の結婚式風景

ウェディング

日本の結婚式は神前式に加わり西洋的な結婚式を行なう事もとても多いです。西洋的といえば登場するアイテムが結婚指輪と婚約指輪になります。呼び名が異なる以上、この二つの指輪にはそれぞれの意味があります。

詳しくはコチラ

相場をどう考えるか

お金

結婚指輪と相場は切っても切れない関係です。だからこそ購入する前にはしっかりと料金面を考えておく必要があります。無理をせずそれでも素敵な指輪と巡り会えるようにします。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 結婚指輪と共にまごころを君に捧げる【指輪に宿る相手への愛】 All rights reserved.