結婚指輪と共にまごころを君に捧げる【指輪に宿る相手への愛】

宝石

三ヶ月の愛を込めた

婚約指輪とは何か

アクセサリー

婚約指輪は結婚前のプロポーズで渡す指輪のことで結婚指輪とは違います。 どう違うのかというと、婚約指輪は男性が女性に一方的に渡すもので結婚指輪は男性と女性がそれぞれ購入してお互いの指輪を交換しあうものです。 婚約指輪は結婚前にはめる指輪で結婚した後には結婚指輪をはめます。婚約指輪は高価なものが多くダイヤモンドなどの装飾品がつけられていますが、結婚指輪はとてもシンプルなデザインで金やシルバーなどで出来た装飾品のないリングになります。なので、日常的にはめることが可能なので、周囲に結婚しているという意思を見せるための指輪となります。婚約指輪は大事にとっておくもので日常で取り出すことはほとんどありません。しかし、金銭的に価値のあるものなので離婚の際に貰った指輪を返却することもあります。

婚約指輪は資産的な価値が

婚約指輪は資産的な価値があまり下がることがないものにしたほうがよいです。つまりは、ゴールドであり、これが最もお勧めできます。装飾次第では、十分に見栄えのするものになりますし、輝きは言うまでもないです。婚約のための指輪なのですから、そこそこの費用を投じること自体は悪いわけではないのです。 婚約指輪の相場としては給料の三ヶ月程度なのですが、これはそこまで固執するべきでもないです。婚約指輪のほかに結婚指輪もあるわけですから、そちらのほうにつぎ込むこともよいのです。 それに婚約指輪はあくまで婚約するときに渡すものですが、結婚指輪は日頃からつけているものです。そうした違いがありますから、どちらにお金をかけるべきかは、よく考えることです。

Copyright©2015 結婚指輪と共にまごころを君に捧げる【指輪に宿る相手への愛】 All rights reserved.