結婚指輪と共にまごころを君に捧げる【指輪に宿る相手への愛】

宝石

西洋の結婚式風景

婚約指輪&結婚指輪。その違いわかるかな?

ウェディング

最近では、日本伝統の神道にのとった、結婚式のみならず、西洋的な、結婚式を行うことが一般的になってきました。 その最大の特徴は、婚約指輪等、婚約の象徴として指輪を贈るということです。ここで注意が必要なのですが、婚約指輪と、結婚指輪が実は違うものであるという点です。 婚約指輪は、プロポーズの際に手渡される指輪であり、男性が女性にプレゼントすることが一般的で、多くの場合、ダイヤモンドを使用した婚約指輪が贈られることとなります。一方、結婚指輪は、結婚式の際に交換される指輪で、結婚後は、常に身につけている品物であるため、シンプルなデザインのものが多いようです。 このように、結婚する場合は、3つの指輪を用意する必要があります。

婚約指輪探しをするときに知っておくべきこと

婚約指輪とは、結婚を約束したときに男性から女性に贈られる指輪のことです。通例、プラチナのリングにダイヤモンドがあしらわれたデザインが用いられます。 婚約指輪は婚約期間に身に着けるものですが、友人や親せきの結婚式に招待されたときや晴れの舞台のときに見に着けることもできます。結婚してからも身に着けることもあるため、指輪のリングのサイズはそれを考慮に入れて検討します。 ダイヤモンドのクオリティには4Cという標準が使われます。カット、カラット、クラリティ、カラーの4つの指標を基に定められます。指標の高いダイヤモンドほど、婚約指輪の価格は高くなります。婚約指輪に用いられるダイヤモンドは、クオリティが高いものであることが殆どなので、細かく気にすることはありません。

Copyright©2015 結婚指輪と共にまごころを君に捧げる【指輪に宿る相手への愛】 All rights reserved.