結婚指輪と共にまごころを君に捧げる【指輪に宿る相手への愛】

宝石

相場をどう考えるか

婚約指輪の相場にはこだわりませんでした

お金

婚約指輪の相場はお互いの立場や年齢で変わりますが、20万円〜40万円くらいが相場としては一番多いのではないでしょうか、婚約指輪は二人でお揃えの左手の薬指にはめるペアリングを購入しています。 以前は男性から女性に贈るだたひとつの婚約指輪で、プロポーズをするというスタイルが、一般的でCMのシーンや映画やドラマのシーンでは女性の憧れでしたが、最近は相場に合わした婚約指輪をペアで買って、結婚後3年または5年や10年後などの折々に、リングを旦那様から贈られたり、赤ちゃんが生まれたらベビーリングと一緒に奥様に、誕生石のリング贈ったりと、相場というのもその時々で変わってきています。 一度だけの指輪ではなく、一生ずっと指輪を送られたら幸せです。

婚約指輪の相場は給料の

婚約指輪の相場は給料の三か月分、ということが一般的ではありますが、今ではそうでもなくなってきています。 婚約指輪は基本的には宝石を散りばめるのが普通です。 結婚指輪と違って、あくまで婚約の指輪ですから、それなりにゴツゴツした宝石がついていても問題ないからです。ですから、結婚指輪よりも婚約指輪のほうが高い、というのが相場です。もちろん、あくまで相場ですから、そんなに気にしないでよいのですが、それでも給料の三ヶ月分というのは一つの認識になっています。 婚約指輪は相場があるのは確かなのですが、まずは自分の貯めておいた金額で納まるようにするのがよいです。節約志向が消費者に強くなっているので、そうする人が多くなっているのが最近のトレンドなのです。

Copyright©2015 結婚指輪と共にまごころを君に捧げる【指輪に宿る相手への愛】 All rights reserved.